忍者ブログ
Photo Gallery by Seiko NAKATA, Harpsichordist.(since 16th Jan.2007)
<-  45  44  43  42  41  40  39  38  37  36  35  ->
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

某携帯電話会社からのDMで「GENT」という機種を見て、ベルギーのヘント(ゲント)を思い出した私。
もうあれから4年が経過しようとしているけれども、Robert先生のレッスンに行った帰りにGentにも寄ったのでした。あの時の写真はまだupしていなかったなぁと思い出し、iPHOTOから引っぱりだしてupしようと思います。



Gentで一番記憶に残っているのはバーフ大聖堂 St.Baafs Kathedral ↑これです。
P.van Eyckの「神秘の子羊」がある教会として有名だけれども、中は美術館のようでした。オランダ語の先生(フランドル人)も、そうおっしゃっていました。



↑ バーフ大聖堂の前の広場から撮った写真 (だったと思う)。雨天だったのねー、と思い出す。
確かこの付近で、持ち運び用のジュエリーケースを購入しました。本番用のアクセサリー入れとして只今大活躍中。

以下、バーフ聖堂内での写真が続きます。どうぞ御覧ください。






ステンドグラスっていいですよね。ヨーロッパ式のステンドグラスも勿論良いけれども、日本式の(レトロ建築に残る)枠が繊細なステンドグラスも好きです。いつかそういうのを見て回りたい。
ちなみにベルギーから帰ってから、オランダ語クラスで一緒だった方の中には、Gentでステンドグラス製作を学んだ方がおられました。



同じような写真ばかりですが ^_^;




EUの大聖堂の回廊というのは建築的興味があります (建築素人ですが)



ヴァン・アイクの絵... のレプリカ (笑) ホンモノは聖堂奥の特別室にあるそうです。
行った時間には入ることが出来ませんでした。

再びステンドグラス






↑こういう彫刻にも興味があります

↓ ちょっと暗いですが...






これ↑ と 同じ写真ですけれども、ちょっといじってみましたのが こちら ↓


ルーベンスの「聖バーフの修道院入堂」↓



2006年撮影のGentの想い出をしめくくるのは、1741年の説教壇。
1741年... まだJ.S.BACH氏は御健在です (Gentにはゆかりなしですが)


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
SUBJECT NAME
URL MAIL
PASSWORD COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PREV  HOME  NEXT
Navigation
Klavi Home > Klavi JP Top > Gallery

This Weblog written by Harpsichord Seiko NAKATA.

こちらはチェンバリスト中田聖子のウェブサイトKlaviの1ページです。
ここではこれまでに撮ってきた写真や、撮って頂いた写真、コンサート・リーフレットなどを掲載しています。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile
HN:
Seiko
性別:
女性
職業:
チェンバロ奏者
自己紹介:
ヨーロッパの古い楽器を演奏しています(チェンバリストです)。美しいものが大好きです。
Concert Schedule
・2011.7/17(sun) 16:00〜
チェンバロの時間 I
B-tech Japan Bテックジャパン大阪 スタジオ(新大阪)
チェンバロ : 中田 聖子
♪ H.パーセル : 組曲 ニ長調、組曲 ハ長調
♪ G.F.ヘンデル : 組曲 ニ短調
♪ J.S.バッハ: フランス組曲 第3番、第5番
 他...
チケットご予約・お問い合わせ
 KLAVI : e-mail info@klavi.com
最新CM
[03/01 Seiko ]
[03/01 Seiko ]
[02/29 ばななん]
[08/02 Seiko]
[07/30 Paganiniana]
[02/08 Seiko]
[02/07 flauto_diritto]
[01/25 Seiko]
[01/23 こけこっこ]
[01/23 Seiko]
最新TB
(12/20)
バーコード
ブログ内検索
関連ページなど
あしあと
オススメ
Powered by 忍者ブログ & [PR]